酵素消化低分子化フコイダンを取り入れた統合医療を実践しています。

肝臓・骨転移 68歳 男性

真島 康雄先生

腎細胞がんOP後の肝臓・骨転移

1)68歳、男性の進行腎がん切除後10年目に骨転移・肝転移が出現し、骨への放射線治療と分子標的治療に加えて、酵素消化低分子化フコイダン60cc/日の飲用およびトコロテン2パック/日の食用によって、骨転移巣が消失し、肝転移巣も縮小壊死を来した。骨転移は経過中に再発したが、肝転移巣は壊死状態のまま経過中専門医によると、腎がんの肝転移が分子標的治療などで消失する例はまれであり、今回の肝転移病巣の縮小壊死効果には、酵素消化低分子化フコイダン飲用およびトコロテン2パック/日の食用が関与している可能性が示唆された症例。

症例報告一覧へ戻る