酵素消化低分子化フコイダンを取り入れた統合医療を実践しています。

お問い合わせ

お問い合わせください

近年、天然の成分として注目を集めている「酵素消化低分子化フコイダン(LMF)」には、癌や難治性疾患の医療に取り組む医師や患者・ご家族から大きな期待が寄せられています。当会では「酵素消化低分子化フコイダン(LMF)」の有効性について研究会での症例報告をはじめ、臨床研究、学会発表や論文発表などを通じ、統合医療として広く浸透を図るために活動しています。

フコイダンはモズクやワカメなどの海藻類のヌメリ成分に多く含まれている硫酸化多糖類の総称です。清浄な海域で採取されたモズクから抽出されたフコイダンをさらに特殊な酵素で処理し、分子量を500以下に低分子化したものが「酵素消化低分子化フコイダン(LMF)」です。
この「酵素消化低分子化フコイダン(LMF)」には、これからの癌治療のあり方を変える可能性を秘めた天然由来の成分です。

特別顧問である九州大学教授白畑實隆先生は、2002年より「酵素消化低分子化フコイダン(LMF)」の癌に対するアポトーシス作用、免疫力強化作用、新生血管抑制作用という3つの作用機序を中心に研究を進め、さらに、転移・浸潤阻止に加え、癌細胞の接着を阻止するなど、治療に有効な働きがあることを報告しています。現在、標準治療として行われている抗ガン剤は正常細胞や免疫力等にダメージを与えてしまう副作用が最大の弱点ですが、「酵素消化低分子化フコイダン(LMF)」には、癌細胞にのみ作用するという特性だけではなく副作用の軽減作用や正常細胞の機能を強化する作用があることが分かってきています。
フコイダンにはその他に・抗アレルギー作用・抗炎症作用・抗糖尿病作用・抗ウイルス作用など幅広い作用があるおことが多くの研究により明らかになっています。 当会の活動および酵素消化低分子化フコイダンにご興味・ご関心がございましたら、遠慮なくお問い合わせください。

研究会参加のお申し込みはこちらから

は入力必須項目です

お問い合わせ種別

お名前
フリガナ
  • セイ
  • メイ

ご住所

-

  • 市区町村

  • 番地まで

  • 建物名
電話番号
E-mail 半角英数

ご職業

お問合せ内容

基本、メールにてご返信しております。
研究発表動画の閲覧希望の方は下記にその旨をご記入下さい。(”動画の閲覧希望”等)
後ほど担当者より閲覧用IDとパスワードをメールにてご通知致します。