酵素消化低分子化フコイダンを取り入れた統合医療を実践しています。

肝がん、転移性肺がん 79歳 男性

西本 真司先生

最新の抗P53抗体の数値 6.96(2015/1/23)

20代で 肺Tb、急性虫垂炎、右尿管結石手術 40代 C型肝炎を発症。2007年二は肝臓に小さな腫瘍があるものの経過観となり、2009年末に肝細胞癌が2か所で見つかる。 2010年6月に肝動脈塞栓療法を実施し、7月二は肝切除手術を行も2011年6月に再発し、ラジオ波療法、エタノール塞栓療法を行う。同年9月には、肝臓近くのリンパ節への転移が発覚し10月末より放射線療法25回(周5回×5週間)を行うものの再び増大傾向となり転移性肺癌も見つかる。手術、抗ガン剤治療を強く勧められた所で、他の治療法を検討するため2012年5月7日セカンドオピニオンにて当院受診。
持参した診療情報より
2012年4月6日(H病院検査値) /AFP 25036 PIVKAⅡ 4260
2012年4月24日(成人病センター検査値) /AFP 61978 PIVKAⅡ 5880
2施設での検査数値の余りの違いに、なぜ急激にAFP上昇したのかと疑念と不安から精心的ストレスとなり、身体的にもぎりぎりの体力で来院される。最終的には三大療法は行わず、太極拳および気功法、酵素消化低分子化フコイダン1日300cc/日を飲用し、28000あった腫瘍マーカー値が14000まで減少する。マーカー値としては高値ではあるものの、QOLを非常に良い状態で保っている症例。

症例報告一覧へ戻る