酵素消化低分子化フコイダンを取り入れた統合医療を実践しています。

症例11(肝臓がん、転移性肺がん 80歳 男性)を掲載しています。

肝臓がん、転移性肺がん 80歳 男性

西本 真司先生

第3回にて報告後の経過報告

2009年12月肝細胞がん確定診断から約6年、来院から2年9か月経過しCT画像上4cm大の腫瘍は存在しAFP値が7000~11000と高値ではあるが、QOL良好のままで経過観察中。昨年11月11000台にAFP値の上昇に伴い酵素消化低分子化フコイダンの飲用量を100ml/日から200~300ml/日に増量し、AFP値は8150.1(2015/2/5)に下降しQOLは良い状態である。

症例報告一覧へ戻る