のがん治療への臨床応用、統合医療を実践しています。

肺がん、左顎下リンパ節転移 84歳 女性

真島 康雄先生

肺がんのリンパ節転移巣に対して、イレッサ内服で効果のなかった症例にイレッサを服用しながら飲用を行ったらサイズの縮小と栄養動脈の血流が著しく低下し、原発巣の進行も認めていないイレッサとの併用が著効であった症例

症例報告一覧へ戻る