のがん治療への臨床応用、統合医療を実践しています。

症例28(乳癌(2009年)肝・肺転移 リンパ節転移⇒抗がん剤+LMF-CG+樹状細胞ワクチン 68歳 男性)

乳癌(2009年)肝・肺転移 リンパ節転移⇒抗がん剤+LMF-CG+樹状細胞ワクチン 68歳 男性

川口 光彦先生

2015年12月にエコーで肝内にSOLを指摘し、大学病院に紹介。診断に難渋したが、乳癌からの転移と判明。PETでリンパ節、肺にも転移あり。
抗がん剤治療と併用してLMF-CG(ナタマメ入り)400g/日を開始し、樹状細胞ワクチン療法を併用する。全く癌が消えているわけではないが勢いは小康状態と言える。
乳癌の生存率は、発見された時期のステージによるが、5年生存 90%と言われています。
本症例はもすでに8年以上経過しており、長期に生存しているように思います。
ただし転移が起これば、谷を駆け落ちるように進行が速いケースもあります。
この方は、LMF-CGを飲みだしてから抗がん剤の副作用が非常に軽減したと話されています。

症例報告一覧へ戻る