酵素消化低分子化フコイダンのがん治療への臨床応用、統合医療を実践しています。

大腸ガン(Stage IV )

真島 康雄先生

化学療法(フォルフォックス+パニツムマブ療法)+LMF-CG+高品質トコロテンを併用することで著効が得られたと思われる症例。
1)切除不能な大腸ガンへの標準的な化学療法に、LMF-CG200g/d+高品質トコロテン260g/d摂取を併用した今回の治療効果は、現状の切除不能大腸ガンの化学療法による効果を、はるかに上回る抗腫瘍効果が得られているものと考えられた。
2)治療経過中の FOLFOX+パニツムマブ療法による自覚的な副作用はほとんど認めず、LMF-CGによる副作用軽減効果が考えられた。

症例報告一覧へ戻る

LMFの服用を検討中の方へ 直接ご相談できる会員施設紹介
第15回LMF研究会開催のご案内